enpaku 早稲田大学演劇博物館

イベント

2024年度シェイクスピア祭演劇講座

逍遙のシェイクスピア

逍遙のシェイクスピア
坪内逍遙訳:『ハムレット』
 

坪内逍遙によるシェイクスピアの全訳完成から100年近くになりますが、その翻訳は古くはなっていないと思います。『ハムレット』を中心に、シェイクスピアの舞台に対する逍遙の感性の鋭さと原文の解釈の凄みに迫ってみたいと思います。

日時:2024年5月17日(金)18:30~20:30(開場18:00)
会場:小野記念講堂
講師:冬木 ひろみ
定員:200人 
※要事前予約・定員を超えた場合は抽選
参加無料
申込期間:4月8日(月)10:00 ~5月7日(火)14:00
結果発表:5月10日(金)
主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点

【申込みを締め切りました】

プログラム(予定)

▼ 【講演】
|18:30~20:00
  

▼ 【質疑応答】
|20:00~20:30


グローブ座
 

講師・冬木ひろみ
早稲田大学文学学術院教授。2022年9月まで同大学研究推進部副部長を務める。2023年度日本英文学会関東支部理事。専門分野は初期近代イギリス演劇、特にシェイクスピア劇。最新の論考に「A Mirror up to “Hamlet”: Translations of Shakespeare in Japan」Shakespeare in Succession : Translation and Time (Michael Saenger and Sergio Costola eds., McGill-Queen’s University Press, 2023)、「規範としての英文学—シェイクスピアの翻訳をめぐって」(甚野尚志他編、『近代人文学はいかに形成されたか』所収、勉誠出版、2019年)、「記憶と五感から見る『ハムレット』」(シェイクスピア協会編、『甦るシェイクスピア—没後400年記念論文集』所収、研究社、2016年)等がある。
 

 

その他のイベント